河津七滝最大の落差の滝で開通式

河津町景勝地として知られる河津七滝では、通行止めとなっていた滝が見学できるようになり、開通式典が行われました。
見学ができるようになったのは、河津七滝の最下流に位置し、七滝の中で最大の落差を誇る大滝。
2011年9月の台風の影響で、大滝までの歩道ののり面が崩れたことによる改修工事に向けた土地の所有者との協議が長引き、通行止めとなっていたのですが、交渉の末、遊歩道のほかに周辺ののり面3千平方メートルを買収し、約5千万円の事業費をかけ、開通に至りました。

参考URL:https://www.tv-sdt.co.jp/nnn/news88011323.html